ニキビ跡のタイプ別の対策は?

ニキビ跡の種類と対策

ニキビの進行具合にも段階がありますが、ニキビ跡にも種類があります。それぞれのタイプの特徴と対策を解説しますので参考にしてください。

ニキビ跡の種類は

(1)赤みがポツンと残ってしまうタイプ
(2)色素沈着が残ってしまうタイプ
(3)クレーターが残ってしまうタイプ

の三種類です。

一番目の赤みがポツンと残ってしまうタイプについて説明をします。このタイプには、炎症のために鬱血してしまい赤くなるパターンと、お肌の内部に炎症が残り赤くなってしまっているパターンがあります。

このタイプはお肌の新陳代謝であるターンオーバーが行われるとこで解消されるレベルですからさほどの心配はいりません。ニキビ跡化粧水でのスキンケアを丹念におこなうとよいでしょう。

お肌のターンオーバーは一般的に約28日周期とされていますので、もしもそれ以上 経過しても改善しなようならばお肌が正常にターンオーバーされていないことが 考えられますから、基本的なスキンケアや生活習慣などを見直す必要があるでしょう。

二番目は色素沈着が残ってしまうタイプです。 このタイプは黒ずみが目立ったり、茶色系の跡ができる色素沈着が特徴です。 お肌の炎症が起こってしまうと、お肌を守るために紫外線から皮膚や細胞を守ってくれる 色素であるメラニンが発生することが原因になっています。

お肌のターンオーバーが乱れていますからメラニンが皮膚に残り色素沈着してしまいます。 基本的なスキンケアをすることが大切ですが、気になる場合はニキビ跡専用化粧品などを 使って薄くすると良いでしょう。

三番目はクレーターが残ってしまうタイプです。 ニキビ跡で一番手強くて、悩みを持っている人達がこのクレータータイプではないでしょうか。 お肌の炎症が特に酷い場合には、皮膚の深い部分にまで損傷がおこり、大きく目立つ 凸凹あとが残っている状態になります。

まず完全に綺麗になることはとても難しいですが、お肌の状態を少しでも改善することで 目立ちにくくなる場合もあるでしょう。 スキンケア用品を使ってやさしく時間をかけてケアしていくしか方法がありません。

ニキビ跡は赤ニキビ以降の段階で出来てしまうのが大半ですから、赤ニキビには 特に注意をしてください。 ニキビが悪化していくと、毛穴に溜まった皮脂に細菌が繁殖してしまい、皮膚が炎症をおこして ニキビの表面が赤くなり、これを赤ニキビと呼んでいます。

赤ニキビが気になり、中の膿を出してしまったり潰してしまったりすることで ケロイドやクレーターのニキビ跡がお肌に残るのです。

以上それぞれのタイプの特徴と対策を解説しました。 ニキビ跡は個人差がありますが一生残ってしまう場合もありますから、正しいスキンケアをして 酷い場合は皮膚科受診をお勧めします。
クオリティファースト