ニキビ跡のタイプ別の対策は?

ニキビ跡の種類と対策

ニキビの進行具合にも段階がありますが、ニキビ跡にも種類があります。それぞれのタイプの特徴と対策を解説しますので参考にしてください。

ニキビ跡の種類は

(1)赤みがポツンと残ってしまうタイプ
(2)色素沈着が残ってしまうタイプ
(3)クレーターが残ってしまうタイプ

の三種類です。

一番目の赤みがポツンと残ってしまうタイプについて説明をします。このタイプには、炎症のために鬱血してしまい赤くなるパターンと、お肌の内部に炎症が残り赤くなってしまっているパターンがあります。

このタイプはお肌の新陳代謝であるターンオーバーが行われるとこで解消されるレベルですからさほどの心配はいりません。ニキビ跡化粧水でのスキンケアを丹念におこなうとよいでしょう。

お肌のターンオーバーは一般的に約28日周期とされていますので、もしもそれ以上 経過しても改善しなようならばお肌が正常にターンオーバーされていないことが 考えられますから、基本的なスキンケアや生活習慣などを見直す必要があるでしょう。

二番目は色素沈着が残ってしまうタイプです。 このタイプは黒ずみが目立ったり、茶色系の跡ができる色素沈着が特徴です。 お肌の炎症が起こってしまうと、お肌を守るために紫外線から皮膚や細胞を守ってくれる 色素であるメラニンが発生することが原因になっています。

お肌のターンオーバーが乱れていますからメラニンが皮膚に残り色素沈着してしまいます。 基本的なスキンケアをすることが大切ですが、気になる場合はニキビ跡専用化粧品などを 使って薄くすると良いでしょう。

三番目はクレーターが残ってしまうタイプです。 ニキビ跡で一番手強くて、悩みを持っている人達がこのクレータータイプではないでしょうか。 お肌の炎症が特に酷い場合には、皮膚の深い部分にまで損傷がおこり、大きく目立つ 凸凹あとが残っている状態になります。

まず完全に綺麗になることはとても難しいですが、お肌の状態を少しでも改善することで 目立ちにくくなる場合もあるでしょう。 スキンケア用品を使ってやさしく時間をかけてケアしていくしか方法がありません。

ニキビ跡は赤ニキビ以降の段階で出来てしまうのが大半ですから、赤ニキビには 特に注意をしてください。 ニキビが悪化していくと、毛穴に溜まった皮脂に細菌が繁殖してしまい、皮膚が炎症をおこして ニキビの表面が赤くなり、これを赤ニキビと呼んでいます。

赤ニキビが気になり、中の膿を出してしまったり潰してしまったりすることで ケロイドやクレーターのニキビ跡がお肌に残るのです。

以上それぞれのタイプの特徴と対策を解説しました。 ニキビ跡は個人差がありますが一生残ってしまう場合もありますから、正しいスキンケアをして 酷い場合は皮膚科受診をお勧めします。
クオリティファースト

大人ニキビの跡を残さない治療法

思春期のニキビと異なり、大人ニキビの場合、1度できてしまうと跡が残りやすいという問題があります。

これは、ニキビの質が異なるというよりも、思春期の場合、肌の細胞の新陳代謝が活発なため、ニキビができてしまっても、比較的短期にそれが消えてしまうという特徴があります(もちろん、ニキビがひどい場合消えずに残ってしまう場合もありますので要注意です)。

しかし、大人の場合、細胞の新陳代謝は鈍っていますので、なかなか皮膚の細胞が入れ替わらず、結果として跡になってしまうリスクが高いのです。

そうなることを予防していくためには、思春期の時以上に慎重に対処していくことが必要になります。

まず、考えられる方法として、ニキビができる前に皮膚科に相談して、ビタミン剤などを注射したり、予防効果のあるサプリメントについてアドバイスを受けるということがあります。

薬効のないビタミン剤の注射や錠剤の処方は、行わない医師も多いので、とりあえずアドバイスを受けながら、可能なら施術も相談してみるということでよいと思います。

次に、ニキビができてしまった後の対処法ですが、皮膚科で外用薬(塗り薬)をもらうことももちろんですが、美容外科や美容皮膚科に行って、ケミカルピーリングという専門の施術を受けることが可能です。

これは、肌に該当箇所に化学薬品を塗って、その後剥がすことで患部を除去する方法なのですが、その内容によって、保険適用に該当する場合と、そうでない場合があります。

重度の大人ニキビの場合は保険が効くこともありますが、美容要素が強い場合は、全額自己負担になります(要は数万ということになります)。その病院によってケミカルピーリングを受けられるのか、保険が効くのか、違うようなので、よく調べて、施術前に病院に相談するなどしてください。

ここまで来てしまうと、ニキビの治療というよりも、美肌のための施術の領域ですので、病院でどこまでを求めるかを、ご自身ではっきりさせておいたほうがよいかと思われます。

そこまでお金をかけられないのであれば、通常の皮膚科を受けながら、食生活や生活習慣を改善し、体内のホルモンのバランスを整え、皮脂が過剰に分泌されない環境を作ってあげることが、まずできることなのかなと思います。

ニキビを悪化させては本末転倒ですので、早め早めに手を打って、きれいな肌を保ちましょう。大人だからできる(お金をかけられる)こともあるはずですしね。

花粉症がニキビに影響する!?~その真偽とは

毎年、春になると花粉症に悩まされる人もいいかと思います。

ご存じのように、花粉症の症状が一度発生してしまうと、根本的な治癒は難しく(要はアレルギー反応ですので)、毎シーズンごとに対処療法をしながら花粉症と「共存」していかなければなりません。

そんな花粉症がニキビと関係しているという話があります。目や鼻の炎症である花粉症がニキビ?と思う人もいらっしゃると思います。ちょっと、その関係について探っていきましょう。

まず、花粉症についてですが、これもみなさん知ってのとおり、スギやヒノキなどの植物の花粉を大量に吸い込むことによって、鼻や目の粘膜にアレルギー反応が起こり、涙や鼻水が止まらなくなってしまうというものです。

花粉の時期は夏場ではないので、たいていの日本の地域では、空気が乾燥しています。

乾燥状態では皮膚のうるおいが保ちにくい状況であり、外部の刺激から皮膚を守るバリア的機能も低下しています。そうした中で花粉が大量に付着すると、かゆみや赤みといった皮膚の異状が出やすくなります。

この状態が続くと、毛穴が開いて皮脂が溜まりやすくなります。皮脂はニキビの原因ですので、当然ニキビができやすくなってしまうというわけです。

というように、花粉症による肌荒れがニキビを引き起こす可能性があることがわかりましたが、花粉症の人すべてにニキビができるわけでもありませんし、花粉症でない人でも花粉による肌への刺激があるかもしれません。

肌がいつもよりも敏感になっている中で、花粉の刺激があって・・・、という流れですので、花粉症の人のほうがより花粉へ過敏なため、ニキビができるリスクが上がる、というぐらいの認識でいたほうがよいでしょう。

何より大事なのは、花粉症そのものの症状を軽減することがまず優先されることだと思います。

そうしないと、ニキビのほかの要因=ストレスを高めてしまうことにもつながります。そうした意味では、間接的にも花粉症はニキビに影響を与えていると考えることもできます。

あれ(花粉症)もこれ(ニキビ)も対処するというのは大変ですので、症状と優先順位を見極めて、治療をしていきましょう。花粉症の薬自体が、ニキビに直接効いたり、逆にリスクを高めるということはないようです。