ケロイド状のニキビ跡って治るの・・・?

ケロイド状のニキビ跡の治療方法

ニキビが悪化し、炎症があまりにもひどくなると毛穴の組織が破壊され、毛穴がなくなる場合があります。そうなると、本来毛穴を作るはずのコラーゲンが役目を失ってしまい、その部分にだけ集中してどんどん重なっていきます。

それがピンク色にぷくっと膨らんだケロイド状のニキビ跡の正体なのです。 ここではお肌がケロイド状になってしまったニキビ跡の治療方法を ご説明します。

ケロイドは一度できると、徐々に大きく進行していくものもあります。ケガや火傷などをすると傷口が盛り上がった状態になりますが、それはケロイド状のニキビ跡も同じで、お肌を強くしようと再生しているために起こる現象なのです。

しかし、ニキビ跡がケロイド状になる体質の人は少なく、大半は進行性 がないコラーゲンの固まりである<しこり>であるケースが多いです。 いずれにせよ、ケロイドもしこりのニキビ跡もお肌には大きなダメージ で真皮まで影響しているのには違いがありませんから治りにくい特徴は 共通しています。

ケロイドは、しこりやクレーターと同様にニキビの炎症が進んだ場合に 起こりますから、白ニキビから赤ニキビの初期段階で治すことを第一に 考えましょう。 ですがケロイド状になってしまったら、専門のクリニックに受診する べきで自己流ケアは症状を悪化させるだけです。

ステロイド治療は、ケロイドのニキビ跡を治療する方法で副腎皮質 ホルモン/ステロイドが、炎症を緩和させたり組織を萎縮させる働き があります。

ステロイドが含まれているテープを貼ったり、直接ステロイド注射を したり、ステロイド軟膏を塗布する方法がありますが、ニキビができ やすい肌質の人はかえってニキビを増やしてしまうなど個人差がある ようです。

クリニックではピーリング・レーザー治療・手術治療・光治療など 色々な方法がありますが、大半は健康保険が適用されませんので 費用は高額になります。 もしも症状が軽い場合は費用が比較的安いメディカルエステに行く のも良いでしょう。

医師が施術内容を管理しており、医療知識に基づく施術をしてくれ 一般的な美容サロンよりも安心でき、その人のお肌質にあった方法を 診断してケアしてくれるのも強みです。

ケロイド状になる凸タイプのニキビはピーリングが効果的でメディカル エステでも行えますが医療行為はできません。医療機関で行うピーリング ほど強力ではないですが、軽い症状であれば効果は得られるでしょう。

以上、お肌がケロイド状になってしまったニキビ跡の治療方法を ご説明しました。自己流のケアはお肌の状態やニキビを悪化させる リスクがあるので、ケロイドで悩んでいる場合はクリニックや メディカルエステに行って相談するのが良いです。

↑ PAGE TOP